会長挨拶

井門 康司
(名古屋工業大学)

 機械工学と電気工学は土木工学などと共に古くからの基盤技術を担う学問分野であり,現在でも産業を支える基幹分野であることに変わりはありません。本学会は電気と機械にまたがる学際領域をカバーしており,研究開発はもちろんのこと,産業界を支える人材育成という観点からも重要な役割を担っていると考えております。特に産業界からは,機械のこともわかる電気の専門家や,電気の知識を持った機械技術者などが必要とされており,このような技術者を育成する場を提供することにも本学会は大きな貢献ができると考えております。
 現在,本学会の活動としては,学会誌の発行のほか,毎年開催のMAGDAコンファレンスおよび電気学会と日本機械学会と本学会の3学会持ち回りで主催する電磁力関連のダイナミクスシンポジウムを国内講演会として主催・共催しており,さらに国際的な活動として,日本と地中海沿岸諸国を中心として隔年で開催されているJAPMED,東南アジア・オセアニア地域で隔年開催されるAPSAEMなどの国際会議,さらに3年毎に開催されるISEMとの連携を行っております。本学会は国内だけではなく国際的にも精力的な活動を行っております。 本学会の社会に対する役割を認識しながら,会員をはじめとする皆様のご理解と協力,ご支援を賜り,本学会のさらなる発展に全力を尽くす所存です。